プロフィール

自己啓発 ブログ

  自分について
  (少年時代)

私は中学生の時から自己啓発本を漁っている人でした。

親や教師のいうことを全く聞かず、自己啓発本で得た知識をもとに行動するというやっかいな奴であり、大人からは放置されていました。

勉強しているときでも、お題に対してのそもそも論にケチをつけることが大好きで、学校のカリキュラムに対しても文句を言いまくっていた少年時代です。

例えば、こんなことがありました。

「世界の古代4文明を研究しよう!」

というディスカッション授業が歴史で行われており、生徒が集まって楽しく調べものをしているわけです。

みんなで調べた結果として

「こんなすごい文明なんだぜ!」

などとプレゼンしています。この雰囲気に対して私は

くっだらねえ!!!

と授業を抜け出し、学校の近くにある図書館に駆け込みました。教師は、ほっとけあんな奴という態度で無視です。

私はひたすら図書館で

・文明が崩壊した理由

のあら捜しを実施していました。

みんなで「4大文明すごい!」と言っている間、私は真っ先に以下を考える奴だからです。

「4大文明すごい」
⇒「では、なぜ無くなったのか」
⇒「文明がなくなる理由の根本問題を知りたい」

私はひたすら古代文明についての悪い部分を漁っただけでなく、授業自体が何のためにあるのか、教師陣に対してクレームを連発していた。って感じです。

  自分について
  (社会に出る前の20代)

社会に出る前から、世の中の下らなさを愚痴っていました。

私が社会人になる直前のときは

・牛丼屋が10円単位で値下げをするチキンゲーム

・90年代のリメイクを連発する各種メーカー

といった流れが世の中で動いており、純粋日本人で海外に出たことのない自分ですら、日本はオワコンまっしぐらであることを肌で実感していました。そして、社会に出たらこんな世の中俺だったらイージーモードで楽勝で過ごしてやるわ!などと考えてました。

  自分について
  (社会人~今)

社会人になっても、世の中に対して斜に構えた自分の性格は変わりません。

たぶん、一生変わりません。。

いつもやっていることは大体以下の4つです。

・自己啓発をひたすら実施

・仕事は要所だけ頑張って後はサボる

・老害は無視、または制裁

・ギャルに手を出しまくりウハウハする

今の自分は、金も時間も余裕があり、けっこう人生がイージー化しています。これからは私のような生き方を目指す人を増やしたい、と考えています。