モテるのになぜモテないと思うのか?理由がクリアになります

モテたいモテたい!!

皆こう思っているし、同僚は仕事中でも常に言っています(泣)
私は「恋愛系(概要)」でも触れていますが、モテるためにかなり苦労してきました。

世の中モテない人、モテる人、モテてそうなのにモテない人、モテているのに実は悩みまくっている人、など様々な人がいるのはなぜでしょうか。ここを解説します。

  まずモテるという発想がおかしい

いきなり何言っているのか?ページタイトルから今までの記載まで、そもそもあんたの言っていることが意味不明!

と思われたと思いますが、モテたいといってもモテないし、モテても毎日悩みまくるわけです。

実際はモテなくて悩んでいるのではなく

・落とす能力が低い

ことに悩むわけです。

  ①モテなくてよい

どうでも良い人から好感を得られなくても問題ありません。

要は、あなたが狙った人を落とせればよいんです。

私は容姿に自信があり、モテて当然だと思っていました。実際に異性に好かれる人数だけ見ればモテていました。

しかし、「この人に好かれたい」という部分が上手くいかないから毎日悩んでいたわけです。

「モテる」と「落とせる」は別

です。

  ②落とす力を上げよう

「モテるため」というお題で、ズレた対策をする必要はありません。ひたすら落とす能力を鍛えまくり、必要な人にだけ「落とす」能力を駆使しまくればよいだけです。

この考えにたどり着くまで、モテ本を読みまくって回り道しましたが、あなたには私の無駄を省いてあげたいと思います。

  落とす力はどう鍛えるのか

すっごい簡単に言うと、

・恋愛を機械化する手法を学ぶ

・手法を淡々と実行する

この2つだけです。感情をこめて余計な行動をとることは一切不要です。

  何をすべきか

モテマニュアルについてめちゃくちゃ詳しく解説することになりますが
まずは、以下を理解すべきです。

・落とす能力を上げる

まず、モテると落とすの違いが分からないと、いつまでの恋愛面で悩み続ける人生になります。当然ながら恋愛攻略など人前で大っぴらに議論するのは無理なので、それこそ自己啓発の力を借りて、家でコソコソやるべきです(笑)。

良いマニュアルが無かったので、自分でモテマニュアル自体を作成しました。
恋愛系ジャンルはこれで完結とします。