80対20の法則 本当に学ぶべきこと 「人生を変える80対20の法則」

自己啓発 ビジネス 80対20の法則 本当に学ぶべきこと 人生を変える80対20の法則
本の名前:
人生を変える80対20の法則
著者:
リチャード・コッチ 様

ご紹介していきます by 新庄

【自己啓発大好き人間のブログ】
管理人の新庄です。

今回は、起業家・投資家・経営コンサルタントとして活躍しているリチャード・コッチ様の

 

「人生を変える80対20の法則」

 

を紹介していきたいと思います。

 

 

80対20の法則。

 

聞いたことがある方もいるかと思います。聞いたことが無い方もいると思います。中には仕事で既に活用され「物流におけるABC分析」みたいな感じで、シミュレーションを業務にされている方もいらっしゃるでしょうね。

80対20の法則は、もともとイタリアの経済学者パレートが「結果の80%は原因の20%が生み出している」ことを発見して、自分の名前をつけてパレートの法則としました。

 

本書では「80対20の法則」を、より

 

『ビジネスや人生に活用する』

 

ために書かれた本です。

「全世界の富の80%を20%の大富豪が保有している」「会社の売上の80%を20%の商品が生み出している」といったビジネスにおける80対20の法則を活用する考えの、原点となったベストセラー本です。

ですので、この本は

 

 

  • ・ 小さな努力で大きな成果をあげたい
  • ・ 仕事で活躍したい

 

 

と思っている方は、絶対に活用すべき本であることは間違いなしです。内容を掻い摘んで

解説していきます。では、いきましょう!

 

80対20の法則
本当に学ぶべきこと
人生を変える80対20の法則
概要

自己啓発 ビジネス 80対20の法則 本当に学ぶべきこと 人生を変える80対20の法則

私は過去の記事にも『仕事術や効率化・経済』に関連する有益な情報が得られる記事をあげてきました。

 

どれもベストセラー級の本を扱っています。

 

一通り流し読みいただくだけで何万円もする情報がタダで得られますのでかなりお得だと思います。これらの記事を吟味して私のような【中規模成功者】を効率よく目指しましょう。

80対20の法則をビジネスや人生に活かすため、本当に学ぶべきことはなんですか?

と言われたら、これに尽きます。

 

『重要な20%の部分を見極める』

 

80対20の法則を説明したあと、重要な部分を解説していきますね。

 

本の構成は以下になります。ちなみに本書では「残り80%は無視してよいのか?」といった意地悪な質問に対する答えまで踏み込んでいます。


第1部 80対20の法則
-理解と利用法

第1章 80対20の法則とは何か
80対20の法則の理解
80対20の法則はそれほど重要なのか
80対20の法則の法則とカオスの理論/など

第2章 80対20の法則の考え方
80対20の法則の法則の定義
80対20の法則の法則はどう役に立つか
80対20の法則の法則の利用法
80対20の法則分析

第2部 実践・ビジネス篇

第3章 ビジネスへの活かし方
80対20の法則の最初の波
-品質革命
80対20の法則の第二の波
-情報革命
情報革命はまだまだ進む

第4章 あなたの戦略はなぜ間違っているか
どこで利益を上げているか
どの顧客がドル箱になっているか
収益性を理解しそれを高めるカギは細分化
「80対20分析」から単純な結論を出してはいけない

第5章 シンプルイズビューティフル
単純は美しく、複雑は醜悪
キーワードは「シンプル・イズ・ビューティフル」
もっとも単純な20%に磨きをかける
単純化によってコストを削減する

第6章 顧客を選ぶ
顧客・マーケット重視の落とし穴
80対20マーケティングの福音
販売戦略のコツ

第7章 ここでも活かせる80対20の法則
意思決定と分析
在庫管理
プロジェクト管理
交渉

第8章 がらくたの山から宝石を探せ
つねに80対20で考え、行動する
50対50思考をやめる
80対20の思考法と行動の仕方
第3部へ

第3部実践・生活篇

第9章 快楽主義の勧め
世界観、人生観が変わる
80対20思考は進歩を信じる

第10章 時間革命
80対20の法則と時間革命
時間革命の手引
-七つのステップ
常識外れの時間の使い方
-四人の実例

第11章 望むものは必ず手に入る
ライフスタイルについて
仕事について
お金について

第12章 人脈の築き方
大切な20人のリストをつくる
村理論に学ぶ
仕事上の関係の築き方
盟友関係の築き方
若いうちは味方の選択に注意を払う

第13章 野心を実現させる
成功と報酬の偏り
80対20の法則はどんな職業にもあてはまる

第14章 資産を増やす10の法則
お金は80対20の法則に従う
資産づくりの知恵
-コッチの投資十戒

第15章 幸福への七つの手引
幸福への二つの道
人間は不幸のまえに無力ではないのか
「感じる知性」を磨く
ものごとの見方を変える
自分に対する見方を変える
出来事を変える

第4部 80対20の法則
-検証と新たな理解

第16章 法則の二面性
読者の洞察
80対20の法則は日常生活に活かせるのだろうか
80%もまた重要ではないのか

引用:アマゾン

 

 

80対20の法則
本当に学ぶべきこと
人生を変える80対20の法則
ポイント2つ

本の構成からわかるかもしれませんが、著者は「80対20の法則マニア」と化し、人生の全てを80対20の法則に捧げています。

 

しかし、本書を読んで世の中で様々なことを考えていくと、やっぱり「80対20」だなと思うことが多いです。著者はこの最終形態(笑)だと思ってください。

 

さすがに「80対20」だらけの長い本書を見るのはツラいと感じる方が多いと思いますので、私があらかじめ本書を読んで、まとめておきました。

 

この本を読むことで、「80対20の法則から本当に学ぶべきこと」が、ある程度イメージできるはずです。

ポイントを2つにまとめてみました。

 

  • ・80対20の法則について
  • ・80対20の法則から学ぶべき大事なこと

 

実際手に取って読んでみると分かると思いますが、「世の中の何気ない事でも、法則に当てはめて考えるクセは持っておいた方が良いな」と思っていただける部分がたくさんあると思います。

 

①80対20の法則について

自己啓発 ビジネス 80対20の法則 本当に学ぶべきこと 人生を変える80対20の法則

80対20の法則はなんでも言える事であって、全て80対20なんですね!

 

という誤解をしていただきたくないので、一応80対20の法則について、解説します。

 

この法則はあらゆるデータを統計的に分析することで導かれた法則ですが、必ずしも20%の原因が80%の成果につながるというわけではなく、

 

 

 

  •  この割合が90対10や70対30
  •  というように多少変わる

 

 

ということは、控えておいてください。

 

平均的には80対20くらいになるので「80対20の法則」と呼ばれているだけです。


例えば、日常会話の99%は存在する全ての言葉のうちの20%の言葉だけで済まされている。毎年新しい映画が上映されますが、そのうちのわずか1.3%の映画が全ての売り上げのうちの80%を占めている。なんてこともありますが「全体の中で重要な部分はほんの一部である」ことが、この法則で言いたいことです。

 

離婚件数の全体の80%は一部の20%の人が占めている。つまり20%の人たちが結婚と離婚を繰り返しているというように、この80対20の法則はあらゆる物事において成り立つ興味深い法則です。

 

②80対20の法則から学ぶべき大事なこと

自己啓発 ビジネス 80対20の法則 本当に学ぶべきこと 人生を変える80対20の法則

80対20の法則で本当に学ぶべきことは、法則を知っておしまい、では無いですよね。

 

『いかに重要な20%の部分を見極めることができるか』

 

ということですよね。

80対20の法則では、原因の20パーセントが80%の成果を生み、残りの80%は20%の成果しか生みません。つまり、原因には決定的に重要な20%と大して重要でない80%がある

 

そしてリチャード・コッチ氏は「どんな分野でも勝者とはこの20%を見つけ出して、そこに力を注いだものである」と言っています。

 

それもそのはず。20%の力で80%の成果を生み出すということは、努力量の4倍の成果を出すということです。それに対して80%の力で20%の成果しか出せないということは、努力量の1/4しか成果に現れないということです。言い替えると

 

 

  •  重要な20%とそうでない80%
  •  との間には16倍もの差がある

 

 

ということです。

 

これは驚異的な数字ですよね。

つまり、いくら頑張っても成果を出しにくいものがある一方で、少しの努力でも大きな成果を出しやすいものがある。

 

だから、いかに後者の「重要な20%を見つけ出しそこに努力を一点集中させることができるか」ということです。

努力の平均を上げるのではなく「一番力を注ぐべき部分を見極めそこに努力を一点集中する」「広く浅くて取り組むのではなく取り組むべきものを取捨選択する」ということ。


限られた24時間をなるべく多く最も有効な場所に使う、というのがこの本が伝えたい大事な部分です。

 

80対20の法則
本当に学ぶべきこと
人生を変える80対20の法則
実際の本

在庫管理や情報管理・人間関係にまでわたり、80対20の法則について詳細に書かれています。

 

他のビジネス書にありがちな薄っぺらい「ニッパチ」がカスに見えるほど充実した内容になっていますので、より深く80対20の法則を理解されたい方にとって、読んでおくべき本だと思います。

 

 

「人生を変える80対20の法則」

最後に

私は会計システムからキャリアを始め生産管理や物流も関わっていたので、80対20の法則はよく読んでいました。

 

面接官を実施したことがあるんですが、学生の方はけっこう知らない方が多いんですよね。これからはリサーチやマーケティングで80対20の法則を活用する場面が多いと思いますので、学生の方にもおススメです。特に日本人は「頑張る所と頑張らなくて良い所の見極め」がめちゃくちゃヘタだと思うんですよ。IT職種なんて1日中頑張ってシステムに張り付いているより10分コピペしたほうが早く終わるようなこともザラにありますからね。

 

頑張る所なんてポイントの2割くらいでOKだし、どうでもよい仕事は2割くらいで終わらせてOKくらいでちょうど良いんだと思います。