心配ない 心配事の9割は起こらない 本の解説

自己啓発 ブログ ビジネス 心配ない 心配事の9割は起こらない
本の名前:
心配事の9割は起こらない
減らす、手放す、忘れる「禅の教え」
著者:
枡野 俊明 様

ご紹介していきます by 新庄

【自己啓発大好き人間のブログ】
管理人の新庄です。

今回は、曹洞宗徳雄山建功寺住職で「世界が尊敬する日本人100人」にも選出された枡野俊明様の

 

「心配事の9割は起こらない」

 

を紹介していきたいと思います。

 

 

先行きの不安や希望が見えない世の中で、

 

「過去に後悔している」

「今は心配事だらけだ」

「将来が不安すぎる」

 

といった悩みで押しつぶされている方も多いと思います。禅僧である枡野さんがたくさんの方から悩みの相談を受けました。その答えとして

 

『心配ごとの実に9割はどうせ起こらないんだと認識すること』

 

これをしっかりと伝えたいと思い、書いた本です。

 

 

  • ・ 過去の後悔で悩みたくない
  • ・ 今の心配に悩まされたくない
  • ・ 将来に希望を持ちたい

 

 

と思っている方は、絶対に活用すべき本であることは間違いなしです。内容を掻い摘んで解説していきます。では、いきましょう!

 

心配ない
心配事の9割は
起こらない
概要

自己啓発 ブログ ビジネス 心配ない 心配事の9割は起こらない

私は過去の記事にも『悩みの解消』に関連する、有益な情報が得られる記事をあげてきました。

 

どれもベストセラー級の本を扱っています。

 

一通り流し読みいただくだけで何万円もする情報がタダで得られますのでかなりお得だと思います。これらの記事を吟味して私のような【中規模成功者】を効率よく目指しましょう。

いきなり結論から言ってしまうと

 

『余計な事に悩まないシンプルな生活を手に入れられる』

 

ということです。

 

「心配ごとの実に9割はどうせ起こらないんだ」と認識することによって、不安や心配事から解放され、平常心を保った生き方を実践する建設的な方法が得られます。この記事を最後まで見ていただくと、結論について納得いただけると思います。

 

 

心配ない
心配事の9割は
起こらない
ポイント3つ

さすがに仏教本であるため、禅の考え方なども入っていますが、自己啓発の部分だけ切り出すため、私があらかじめ読んでまとめておきました。

 

この本を読むことで、悩みが不安が「実はどうでも良かった」ことに気づくはずです!

本書で語られてる重要なことを3つにまとめてみました。

 

 

  • ・心配のほとんどは思い込みやとりこし苦労
  • ・今に集中する
  • ・あるがままでいる

 

実際手に取って読んでみると分かると思いますが、「枡野さん、めっちゃ達観してるわ」と思う部分がたくさんあると思います。

 

①心配ない心配事の9割は起こらない
心配のほとんどは思い込みやとりこし苦労

自己啓発 ブログ ビジネス 心配ない 心配事の9割は起こらない

心配のほとんどは、思い込みやとりこし苦労にしか過ぎません。

 

我々は常にどうなるのか誰にも分からない将来のことを不安に思ってしまったり、他人の目を気にし過ぎてしまったり、考えすぎて人生を複雑に捉えすぎたりしています。

 

その結果、本当は大したことでもないのに、本人にはとても大きな問題に思えて悩んでしまう人が多くいるそうです。

 

枡野さんは禅僧という立場もあり、たくさんの人から様々な相談を受けるそうですが、そのほとんどが実は

 

 

  • ・ 妄想や思い込み
  • ・ 勘違いやとりこし苦労

 

 

に過ぎないものばかり、だったそうです。

 

 

  •  本人にとっては切実な問題に思えても
  •  周りから見ると何でもないことに
  •  振り回されているだけ

 

 

そんなものだらけだったと。。

 

余計な悩みを抱えてしまう人というのは多いと思います。必要なのはちょっとした考え方の転換だったりします。

そんな時のこそ、禅の教えが役に立ちます。禅の教えによって無駄なものを削ぎ落とせば、心穏やかにシンプルに生きることができるようになります。そんな我々の問題を解決してくれる禅の教えをわかりやすくまとめたものが本書になります。

 

②心配ない心配事の9割は起こらない
今に集中する

自己啓発 ブログ ビジネス 心配ない 心配事の9割は起こらない

一息に生きるという禅語があります。これは一呼吸するその瞬間瞬間を一生懸命に丁寧に生きなさいという教えです。過去の出来事を思い出して落ち込んだりまだ来ない未来を想像して不安を増幅させたりするのではなく、

 

『今ここだけに集中する』

 


そうすることで余計な不安や悩みを抱えずに済むようになります。人の持つ不安や悩みというのは大抵

 

 

  • ・ 過ぎたこと
  • ・ 先のことについての心配事

 

 

だということです。

皆さんも少し考えてみてください。なぜ今悩んでいるのでしょうか。そうすれば「自分がいつ仕事をクビになるかわからない」と言った将来のことで悩んでいたり「どうしてあの時もっと頑張れなかったのか」という過去のことで悩んでいるということに気づくでしょう。

 

すなわち人間の不安や悩みといったものは

 

 

  •  現在ではなく過去や未来から
  •  やってくる

 

 

ものになります。だとするならば、悩みや不安から解放される唯一の方法は

 

『現在すなわち今に集中する事』

 

なんです。過去にいつまでもこだわっていることは今の生き方に対する自信のなさを表明していることです。そこに不安や悩み心配事が心に入り込む隙が生まれると、著者は指摘します。

 

皆さんも今に集中するということを少し意識してみてはいかがでしょうか。そんな時間を日常に少し取り入れてみてはいかがでしょうか。寝る前に10分間瞑想するのも良いですし、家事をするならばただひたすら家事をすることだけに専念するのも良いです。皿を洗うならばただひたすら皿を洗うという作業だけに集中するんです。

 

またマインドフルイーティングという言葉もあります。これは食事をする時にテレビを見ながら食事をするんじゃなくて、ただひたすら目の前の食べ物に意識を向けて、その食べ物の形や味や香りに意識を集中させ、食事を行うというものです。

とにかくどんな作業でも良いので、日常の中に「今この瞬間に集中する」「それだけに集中するんだ」という時間を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

③心配ない心配事の9割は起こらない
あるがままでいる

自己啓発 ブログ ビジネス 心配ない 心配事の9割は起こらない

私にも言えることですが、皆さん世の中には自分の力でどうにかなることとならないことがありますよね。大人になってから身長伸ばしたいと言ってもそれは無理だろうということは誰しもわかるでしょう。生まれつきモデル体型ではないのにモデルを目指しても無理なことでしょう。

それなのに我々はモデルになってちやほやされたいなどと、本当は自分の力ではどうしようもないかもしれない欲望に振り回されています。身長を伸ばそうと努力してもただ辛いだけなのに、ひたすらそれに向けて心身をすり減らしてしまうこと往々にしてあります。

 

そんな時は禅の教えに耳を傾けましょう。

 

『あるがままでいなさい』

 

ってことです。

 

自分ではどうにもならないことを受け入れたら、その状況と共存できるようになります。あるがままそのままの自分が今できることに向き合えるようになります。どうにもならないことにとらわれることが無くなると

 

 

  •  どうにかなることに前向きの
  •  心で取り組めるようになる

 

 

ということです。

 

私たちは想像をはるかに超えるほど遺伝子の影響を受けています。自分の力でどうにかなることとどうにかならないものというのは残酷な話ですが、ほとんど遺伝子で決まってしまっているのです。ですから自分ではどうにもならないことに努力するんじゃなくて

 

『自分でどうにかなることに対して積極的に取り組む』

 

という姿勢が必要になってくるんですね。

 

この考え方はなかなか辛いものありますよね。自分に向いていないことを諦めろと言われてもなかなかすぐには受け入れることができないかもしれません。しかし、生きていくためにはどこかの段階で自分にできることできないことという現実を受け入れるしかないのです。

 

誰もが子供の頃の夢を叶えられるわけではありません。我々ははどうしても

 

 

  •  ・頭がいい
  •  ・スポーツができる

 

 

といったような、目に見えないものに無限の可能性を抱いてしまいますよね。

 

『努力すれば自分もプロになれるのではないか』

『努力をすれば自分もその世界で輝けるんではないか』

 

そんな期待に突き動かされて、自分にはどうにもできないことに対して努力をし続ける。そんな姿勢は賞賛されるべきものだと日本では考えられているんですが、報われないことに命を捧げ続けている当の本人は、ドブの中をのたうち回っていて苦痛を味わっているのかもしれません。

 

夢のない話ですが、どこかで自分の中で折り合いをつけて「出来ること出来ないこと」を認めて生きていくしかないんですね。

 

 

心配ない
心配事の9割は
起こらない
実際の本

精神の部分に寄ったまとめをしました。でも、この本はページ数も多くて具体的なテクもたくさん書いてありますので

 

『クッソ達観してやるわ!』

 

というお考えの方にとっても、ぜひとも読んでおくべき本だと思います。

 

「心配事の9割は起こらない」

最後に

私は自分で言いますが

 

『知能が平均を圧倒的に上回る』

『容姿も平均を圧倒的に上回る』

 

という状態で、人生のイージー化を進めてきました。しかし、

 

『毎年10億単位で稼ぐ』

『世の中に革命をおこす』

 

みたいなことは出来ないと思います。もし、こんな欲望を持って無駄に落ち込んだら、本書のような考えで生きていきます。