読書とは投資活動そのもの 1500円の本が15万になって返ってくる

自己啓発 ブログ ビジネス 読書 投資活動 読書とは投資活動そのもの 1500円の本が15万になって返ってくる
本の名前:
レバレッジ・リーディング
著者:
本田 直之 様

ご紹介していきます by 新庄(ブログ運営者)

【自己啓発大好き人間のブログ】
管理人の新庄です。

今回は、レバレッジコンサルティング代表取締役である本田直之様の

 

「レバレッジ・リーディング」

 

を紹介していきたいと思います。

 

 

自己啓発のジャンルであるこのブログに来ていただいた方は読書が好きだと思います。しかし大半の方は「読書は大事だから読もうね」くらいで終わっていると思います。この本は単に読書の大切さを訴えるだけのクソ本ではありません。

 

『読書に対する価値観が変わり、誰でも本を多読できるテクニックがわかる』

 

までに昇華させてしまうすごい本です。

 

 

  • ・ 読書は大切、どころではない
  • ・ 読書は投資そのものである
  • ・ ガチで多読しまくってやる

 

 

と思っている方は、絶対に活用すべき本であることは間違いなしです。内容を掻い摘んで解説していきます。では、いきましょう!

 

読書とは投資活動そのもの
1500円の本が
15万になって返ってくる
レバレッジ・リーディング
概要

自己啓発 ブログ ビジネス 読書 投資活動 読書とは投資活動そのもの 1500円の本が15万になって返ってくる

私は過去の記事にも『知識の吸収、実践』に関連する、有益な情報が得られる記事をあげてきました。

 

どれもベストセラー級の本を扱っています。

 

一通り流し読みいただくだけで、何万円もする情報がタダで得られますので、かなりお得だと思います。

いきなり結論から言ってしまうと

 

『ビジネス書を超高速で多読しまくれ』

 

ということです。

 

「忙しくでそんなもんできないよ」という方もいるかもしれませんが、当然社会人でみんな忙しい中のは承知の上で、超多読しまくれる建設的なテクを解説しています。この記事を最後まで見ていただくと、結論について納得いただけると思います。

 

読書とは投資活動そのもの
1500円の本が
15万になって返ってくる
レバレッジ・リーディング
ポイント3つ

早速「この本を読んで、超多読を実践してください」といっても皆さんは読まないと思いますので、私があらかじめ読んでまとめておきました。

 

さすがにここまで落とし込めば、読むはずです!!

 

この本を読むことで、読書に対する価値観が大きく変わり、自己啓発本を読んで「その気になっただけ」の人生からオサラバできればと思っています!

この本で語られてる重要なことを3つにまとめてみました。

 

 

  • ・読書=投資活動そのもの
  • ・1日1冊ビジネス書を戦略的に読破せよ
  • ・読書後の反復と実践について

 

実際手に取って読んでみると分かると思いますが、「こりゃ実践しがいがあるわ」と思う部分がたくさんあると思います。

 

①読書=投資活動
  そのもの

自己啓発 ブログ ビジネス 読書 投資活動 読書とは投資活動そのもの 1500円の本が15万になって返ってくる

この本の主張を一言でいうと

『ビジネス書を多読しなさい』

になります。


何でビジネス書を多読しなければいけないのか?それは

『読書=投資活動そのものだから』

です。

 

本を読むということは、成功した人のやり方から学ぶということです。ビジネス書には努力の末に成功した人が、その知識やノウハウを書いたものがたくさんあります。それを読むということは、成功した人のやり方から学ぶということに他なりません。

 

多くの人はつい、自分でゼロから考えようとしてしまいます。変なプライドでもあるんでしょうか。

しかし、ゼロから考えて成功できるのは本当の天才だけで、普通の人には土台無理な話です。本人はすでに成功した人のやり方が書かれているのに、それを無視してゼロから自分で試行錯誤をしていれば、いくら時間があっても足りません。

 

多くのライバルに勝利して成功するには近道が必要なんです。本の成功経験の中から使えそうなノウハウを抽出して、自分なりの工夫を加えて、当てはめて実行していくことができれば、試行錯誤に時間を使うことなく早く成功にたどり着ける可能性が高いということです。

 

何当たり前のこと言ってるんだコイツは!!と思われたかもしれませんが、みんなやっていないんだから、言わざるを得ません。

 

 

  •  自分のやる気に、本から得た他人の
  •  知識や経験を掛け合わすことが出来れば
  •  何十倍何百倍もの結果を出すことができます

 

 

そしてこれは、口を酸っぱくして言わなければならないのですが、本を読んでインプットするだけではただの自己満足にすぎません。

 

『いかにアウトプットをするのか』

 

ということが大切なんです。ビジネス書アウトプットするとは
読んだ内容を仕事に生かすことです。

 

 

  • ・ ライティングの本を読んだのならば
  •  すぐにその方法で文章を書いてみる
  • ・ マーケティングの本を読んだのならば
  •  その方法で広告の流し方を変えてみる

 

 

などのように、実践して初めて身につくものです。

すんごい当たり前のことを言いましたが、酸っぱく言わせてもらいました。

 

読書とは投資活動そのものです。成功者の知識やノウハウを効率よく取り入れることができるからです。そしてその知識は実際に使って「初めて」あなたのものになります。

 

本田さんは1500円の本一冊から得た知識は、将来100倍になって返ってくるとおっしゃいます。すなわち、本を一冊読めば15万円将来儲かるよと断言しております。読書と言うとやる気が出ない方は、

 

『一冊読むと15万円将来儲かるんだ』

 

と思えば、やる気が出てくるのではないでしょうか。

 

②1日1冊ビジネス書を
  戦略的に読破せよ

自己啓発 ブログ ビジネス 読書 投資活動 読書とは投資活動そのもの 1500円の本が15万になって返ってくる

1日1冊も時間がなくて読めないよと、という反応が来るのは分かっています。

 

だから、私が解説します。

 

ここで本書で提案されている効率の良い読書の流れを押さえてしまいましょう。読書の流れは4つのステップからになります。

 

 

  •  1)本を読む目的を明確化する
  •  2)制限時間を設ける
  •  3)全体を俯瞰する
  •  4)読書を開始する

 

 

この4ステップを実行してください。間違っても「初めから全部丁寧に読むなどというバカな読み方」なんて、しないでくださいね。

 

 

1)本を読む目的を明確化する

本を読む前に「この本から何を得たいのか」という目的を決めることによって、自分に必要な部分といらない部分がわかるようになります。

 

例えば、成功した経営者の書いた本を読むならば「自分が今すぐに真似できる点を多く見つけよう」などの目的を立てるのです。

このようにして本を読む目的を明確化することで

 

『読むところと読まないところをはっきりと区別して』

 

必要なところだけを読むことができます。本は一冊まるごと全て読まなきゃいけない、なんていう固定観念を捨ててください。

 

 

2)制限時間を設ける

制限時間を設ける理由についてですが、時間が無限にあると、つい余計なところまで読んでしまって、到底数をこなすことができません。制限時間内に読もうとすると当然全てを読むことができませんので、かなりの部分を捨てることになります。

でも、もしその部分に重要なことが書いてあったらと思うと不安になるかもしれません。しかし、それは仕方がないことだと割り切ってしまいましょう。

 

基本的に本のポイントというのは本全体の2割程度しかない、そのポイントの8割を拾えばよいです。つまり、

 

『全体の16%が拾えれば良い』

 

ということです。

新しいものの16%を拾う方が速いし、残りは深追いしなくてよい。新しい本の重要ポイントを拾う方が速いんです、たくさんの本を読むことによって、ポイント部分を拾う能力が高くなっていきます。

完璧主義を捨てましょう。飛ばしたところは気にしないようにしましょう。

 

 

3)全体を俯瞰する

「前書き」「目次」「あとがき」などをチェックして、本の全体像を頭に入れてしまいましょう。そして気に入った章から読み始めましょう。

 

『本は頭から読まなければならないというのは単なる思い込み』

 

です。自分が気になったとこや興味を惹かれたところから、先に選んでください。

 

 

4)読書の開始

 

1)~3)をやったら、ようやく読書を開始してください。

読書の最中は緩急をつけて読んでください。重要なところは熟読し、他の部分は斜め読みで結構です。

 

 

以上、4つのステップを実践することにより時間を短縮することができて、本を多読することが可能となります。いかがでしたでしょうか。本はこうやって読むものであり、文字を愚直に一個一個読むものでありません。

 

③読書後の反復と
  実践について

今まで私は、「本を読むことは投資そのものである」という話をして、本を読むモチベーションを上げてもらいました。「具体的にどのように本を読めばいいのか」のテクを話しました。そして、ここからは

 

『読書後の反復と実践をしてね』

 

ということ説明します。なぜなら、本を読んでもその内容を忘れてしまっては読んだとはいえないからです。そもそも、我々はなぜ内容を忘れてしまうのでしょうか。二つの理由があります。それは、

 

 

  •  ・ポイントをメモしなかったから
  •  ・実行しなかったから

 

 

です。なので、読書後に大事なのは

 

『本を読んで』

『重要だと思ったポイントやノウハウを』

『自分なりのメモにまとめて』

『そのメモを繰り返し読んで』

『徹底的に復習をする』

 

ことです。メモを繰り返し読んで、条件反射的に行動できるようにして、どんどん実践で活用していくことです。本田さんがお勧めしているメモの取り方は、

 

 

  •  重要なポイントに線を引いたり
  •  そのページの角を折ったりしておく。
  •  そして本を読み終わったら
  •  重要なところだけを拾い上げて
  •  パソコンに打ち込んでプリントする。

 

 

という方法です。こうすれば、分厚い一冊の本から、皆さんにとって特に重要なポイントが綺麗にまとまった数ページのメモが完成します。

このメモを繰り返し読んで復習し、条件反射的に行動できるようにどんどん実践で活用していきましょう。

 

読書とは投資活動そのもの
1500円の本が
15万になって返ってくる
レバレッジ・リーディング
実際の本

ビジネス書だけでも、月間で500冊以上ぽんぽんと本が出てくるわけです。こんなものを丁寧に全部読んでいては、人生が持たないです。

 

『速読より多読』

『訓練不要で思考を劇的にかえる』

 

というコンセプトで、読者に寄り添った本に仕上げているので「クッソ多読してやるわ!」というお考えの方にとっても、ぜひとも読んでおくべき本だと思います。

 

「レバレッジ・リーディング」

最後に

まあ、実は私も著者と同じような本の読み方をしています。なので、目新しさは全くないです。しかし、取引先の会議に出て資料を流し読みしていと、どう見ても周りの人が

 

「初めから最後まで資料を真面目に読んでいる」

 

というクソみたいな光景が広がっているので、この本を読んだ皆さんはぜひ「レバレッジ・リーディング」を広げてくださいね!!