「内向型のほうが成功する時代」内向型を強みにする 解説

内向型の方が成功する時代 内向型を強みにする 自己啓発 ブログ
本の名前:
内向型を強みにする
著者:
マーティ・O・レイニー様

ご紹介していきます by 新庄

【自己啓発大好き人間のブログ】

管理人の新庄です。

 

今回は自己啓発本として、内向型人間に関する研究における第一人であり心理療法士であるマーティ・O・レイニー様の

 

「内向型を強みにする」

 

を紹介していきたいと思います。

世の中で一般的に良いとされている模範行動や成功手法について

 

  •  ・実践しているけどできない
  •  ・そもそもやりたくない

 

 

という方は多いと思います。なぜかというと、それらの模範行動や成功手法の前提として「外向型」の人を対象にしているからです。よって、内向型人間による内向型人間に向けた

 

 

  •  内向型向けの自己啓発本

 

 

という性格の対象をあらかじめ絞った珍しいタイプ自己啓発本となります。では、いきましょう!

 

 

内向型のほうが成功する時代
内向型な人が真っ先に疑問視する生き方

内向型の方が成功する時代 内向型を強みにする 自己啓発 ブログ

外向型と内向型の違いは後述しますが、冒頭でここは言っておきたいです。それは

 

『外向型の人間は人といるとリラックスして疲労が回復する』

 

という特徴があります。恐らく内向型の皆さんからすれば「ウソだろ!冗談じゃねえの!」と思うかもしれませんが、外向型の疲労は人とすごすことによって回復していきます。よって

 

 

  •  ・夜遅くまで会議すると元気になる
  •  ・怒られても元気になる
  •  ・ケンカすると元気になる
  •  ・予定を詰め込みまくると元気になる

 

 

という、内向型人間からは考えられないような疲労回復法を行っています。だからこそ外向型人間のペースに巻き込まれた内向型人間が、鬱になったり退職したりするような光景がオフィスで展開されます。

特に私のようなIT系では、毎年のように部署で何人かがこんな被害を喰らっています。皆さんの会社でもこんな光景が広がっているはずなんですよ。

 

 

内向型のほうが成功する時代
ポイント3つ

そもそも論になってしまうのですが、世間で言う正しい生き方とはなんなのでしょうか?

世の中は当然同じ人は存在しないのですが、性格としては外向型と内向型におおまかに分かれてカテゴリ化されています。実はこれからの世の中、内向型の方が成功しやすいという明るい未来が待っているんですよ。

この記事では以下3ポイントを解説します。

 

 

  • ・世の中の常識は外向型向けに作られている
  • ・外向型と内向型の違い
  • ・内向型で成功するには

 

内向型の方に向けられた本書ですが、対比となる外向型も交えて説明する必要があるので「自分は内向型で、外向型の特徴など見たくもない!」という方も、頑張って見てくださいね。

 

 

①内向型のほうが成功する時代
世の中の常識は外向型向けに作られている

内向型の方が成功する時代 内向型を強みにする 自己啓発 ブログ

性格を大まかに外向型と内向型に分けて話を進めていくわけですが、そもそもこの比率はどのくらいでしょうか?比率は以下になります。

 

 

  •  ・外向型 75%
  •  ・内向型 75%

 

 

世の中は圧倒的に外向型が多いんです。だからこそ外向型の特徴である「人と話したり外の活動に参加したり、人の活動に囲まれて働くのが好き」を活かすように各種の自己啓発プログラムが組まれている訳です。

しかし、内向型人間はこのようは生き方をすると疲弊します。内向型の特徴として

 

『内からエネルギーを得る』

 

という決定的な要素があります。つまり「興味が自分の頭の中に向けられている」がため、静かな場所でじっくりと内省して物事をじっくりと考える事に向いています。当然ながら、内向型の生き方は自分自身に向けた興味関心の時間をたっぷり取ろうとするために

 

・飲み会に行かない

・あまり外出しない

・孤独が苦にならない

 

という特徴が出ます。これを見た大多数の外向型の人間は「ひきこもりのコミュ障」扱いをしてくる訳ですね。外向型人間には内向型人間の気持ちが分からないんです。もう割り切った方が良いと思います。

 

 

②内向型のほうが成功する時代
外向型と内向型の違い

内向型の方が成功する時代 内向型を強みにする 自己啓発 ブログ

この外向型と内向型は生まれ持った性格なので、後天的に外向型から内向型に変わる、などという事は無いそうです。

 

私のブログは自己啓発分野になり、内向的な方が多いと思いますので、そのまま内向型に突っ走って下さいね。では「外向型」「内向型」の違いをもうちょっと詳しく解説します。

 

・外向型の特徴

行動力があり一般的な「好人物」に当てはまりやすい。声に出して覚えるので独り言が多く、自分の体験を皆に話したがったりするので話題が多い。目の前のタスクをてきぱきとこなし処理能力が高い。あまり防御的な姿勢はなく、子孫を多く残して短命であることが多い。

 

・内向型の特徴

シンプルな生活を好み個人空間にこだわる。一見おとなしそうに見えるが、気が合う人とは良く喋る。締め切りがある仕事が苦手で、創造性豊かなアイデアを出すことが得意。じっくりと考え、込み入った問題の思考をすることが好き。常にエネルギーを保存することを意識し、子孫も少数だけ残して長命になる。

 

 

このような特徴がありますが、皆さんはどちらでしょうか。どちらが良いか悪いかではなく人間が生存していくために、どちらかの気質に分かれてバランスを取りながら人間関係を構築して今に至ってるわけです。

しかしながら内向型の人間の比率が少ないため、どうしても「内向型が悪いイメージ」になってしまうのは、どこの国も古来から変わっていません。

 

 

③内向型のほうが成功する時代
内向型で成功するには

内向型の方が成功する時代 内向型を強みにする 自己啓発 ブログ

結論から言うと、このまま内向型人間の特徴を強化して問題ありません。

私は今、2020年時点でこの記事を書いている訳ですが、マイノリティ扱いであった内向型人間が多数を占め「常識」を形成していた外向型人間の地位を引きずり落とすことに成功しそうです。なぜなら

 

『AIの普及で、内向型人間が持っているクリエイティビティを発揮できる環境が整いつつあるから』

 

です。より深い内容や細かい手法については別の記事に寄せますが、もう人は外に出ない方が人生リタイアを早くできるんです。

在宅仕事は職業問わずこれからは当たり前、ストレスとも無縁です
本の名前: 自宅にいながらお金持ちになる方法 著者: マイケル・ルボーフ 様 ご紹介していきます by 新庄 【自己啓発大好き人間のブログ】 管理人の新庄です。 今回はニューオーリンズ大学名誉教授で経営コンサルタントをし…

内向型は家に閉じこもって黙々と創作活動をするタイプでしたが、今まではこの生き方で成功することが難しかったため、仕方なく社交的で行動力のある外向型人間の「常識」に嫌々合わせていかなければなりませんでした。

 

しかし、今ではネットの発達により部屋で閉じこもっていても大成できる環境が整いつつあり、これからもその環境は進化していきます。一人で閉じこもってデイトレやブログ、youtubeなど好きなだけご自身の深い思考を世の中に発信していけばそれで良いです。

とはいえ、内向型の方が気を付けておくべきこととして

 

 

  •  ビジョンを決めて
  •  それだけに集中する

 

 

ことだけは怠らないで下さいね。自分は内向型で家で閉じこもってりゃいいや、等という考えではただのニートですからね。自分の内側にエネルギーを向けるのが得意な訳だから「得意」は何ですか?が無いといけません。

別に得意なものが無かったとしても問題ありません、好きなことがあればOKです。要は特定分野に対してオタクになれってことです。

実際この流れに巧く乗ったインフルエンサーが相応にいる訳ですが、彼らが20年前くらいに生まれていたら「ただの引きこもり」で人生が終わっていたはずなんですよ。

 

 

内向型のほうが成功する時代
実際の本

本書では内向型の診断から始まり、内向型であることを誇らせるような、ある意味熱い(?)内向型著者様です。外向型の本がどうしても合わないという方にとって、最適な自己啓発本となります。

 

「内向型を強みにする」

最後に

自己啓発のブログを運営している時点で私は内向型の人間なんでしょうね。別に内向的と言われても全くコンプレックスを持つことは無いし、世の中の人に比べれば圧倒的に充実した人生をおくれています。

 

ビジネス書や自己啓発本は「常識」とされる外向型の本を読み、外向型にあわせてハウツーの内容を実践してきたことは確かです。しかしそれは「割り切って」実践しているからであり、私が年収1億レベルを目指していくためには、内向型であることを前面に出した自己啓発をすべきなんでしょうね。