「意思が弱いのは自分のせいではない」 自分を変える教科書 解説

意思が弱いのは自分のせいでは無い スタンフォードの自分を変える教室 解説 自己啓発 ブログ
本の名前:
スタンフォードの自分を変える教室
著者:
ケリー・マクゴニガル様

ご紹介していきます by 新庄

【自己啓発大好き人間のブログ】

管理人の新庄です。

 

今回は自己啓発本として、世界20か国で発売され2013年のビジネス部門で堂々の年間1位を獲得した自己啓発本

 

「スタンフォードの自分を変える教室」

 

を紹介していきたいと思います。

 

 

今の自分を変えたいですか!と言われれば誰だって「変えたいです」と答えるはずです。

しかし自分を変えなきゃいけないことは分かっているんだけど、なかなか変えられない。だから困っているんだろうが!と反論するのを頑張って堪えている訳です。

こんな状況に対して健康心理学者の著者が、現代の人類の祖先にあたる原始人から脳の根本が変わっていない事を踏まえたうえで

 

 

  •  変われないのはあなたのせいでは無い
  •  意思が弱いのはあなたのせいでは無い

 

 

と力強く断言するとともに、その仕組みとシンプルで即効性のある解決法を提唱しています。

 

 

  •  ・変わりたいけど変われない
  •  ・意思が弱くて困っている

 

 

と思ってらっしゃる方に、最適の自己啓発本となります。

では、いきましょう!

 

「意思が弱いのは自分のせいではない」
スタンフォード式の自己啓発について

意思が弱いのは自分のせいでは無い スタンフォードの自分を変える教室 解説 自己啓発 ブログ
  •  ・根拠が明確である
  •  ・実践方法がシンプル

 

 

であるため、日本も含めて各国で自己啓発テクの採用率が非常に高いです。本書では「意思」の力についての考え方を根本的に変え、実際の「行動」に移せるテクに特化しています。

 

 

「意思が弱いのは自分のせいではない」
ポイント3つ

我々の大半は今のままではいけないと考え、もっと自分を向上させたいと思っています。にも拘わらず意思が弱くてすぐに甘い誘惑に負けてしまいます。またはネガティブな感情になって目の前の事が手につかず、一日を無駄にしてしまうこともあります。そして夜に今日を振り返ると「やるべきことをやっていないかった」と嘆きます。

残念ですが、この一日一日の積み重ねが今の自分を作っている訳ですね、それが内心分かっているから現状に落ち込む訳ですが、本書ではこの根本メカニズムと実践的な対処法を解説しています。

特に重要な3つを解説するので今日から即実行して下さい。ぶっちゃけ簡単なのですぐできます。

 

 

  •  脳は一つでも自分は2人いる
  •  誘惑に負ける自分とおさらばする方法
  •  ネガティブな自分とおさらばする方法

①「意思が弱いのは自分のせいではない」
脳は一つでも自分は2人いる

意思が弱いのは自分のせいでは無い スタンフォードの自分を変える教室 解説 自己啓発 ブログ

「自分は2人いる」等といきなり何言ってんだこいつ?と思われたかもしれませんが、人間の意志をコントロールするためには人間の脳の仕組みを理解する必要があるので、わざわざ一発目にこのお題を解説しようと思います。

我々は意思によって日頃の行動について自分の選択をしています。にも拘わらず本当はそんな事をしないで良いのにと、分かっているんだけどやってしまう。例えば頭では分かっているんだけれど

 

 

  •  ・無駄にお菓子を食べまくる
  •  ・買い物でついで買いする
  •  ・テレビで無駄な時間を潰す

 

 

という非生産的なことを繰り返してしまいます。そして後悔します。こういう時、本当自分は意思の力が弱いと実感しているが「昨日やったから今日はいいや」と自分に言い訳をします。

なぜこのような展開を繰り返すのかという問いに対して、著者は人間の脳の仕組みで解説しています。

 

 

  •  10万年前からの原始人の脳の習慣から
  •  きているので簡単に変えられない

 

 

というファイナルアンサーです。

原始時代に重要な事は生きる事でした。生きる事で必要なのは「食べ物を見つける」「子孫を残す」「危険を回避する」の3つであり、生まれながらにして持っている人間の本能です。そしてこの原始時代から残っている脳が、現在の人間が誘惑に負けて自分を変えられないという結果が生まれます。例えば

・ダイエットをしようと思っているのに食べまくる
・新しいことをやろうと思っても失敗を恐れてやらない

といったことです。これは人類が進化しても脳の根幹が変わっていないためだと解説しています。人間は進化して脳がアップグレードしたように見えていますが、実際は

 

・長期的目標のために行動する「機能が追加された」

 

だけであり、原始時代からの脳の根幹部分は変わっていない、ということです。だから我々は「本当はこうすべき」「でも誘惑に負けてこれをやっちゃう」という2つの葛藤に悩まされるわけです。

まずは、この現代人の脳の仕組みを控えてください。

 

 

②「意思が弱いのは自分のせいではない」
誘惑に負ける自分とおさらばする方法

意思が弱いのは自分のせいでは無い スタンフォードの自分を変える教室 解説 自己啓発 ブログ

ではここから、2つの葛藤の中から「本当はそんな事をしないで良いのにと分かっているんだけど、やってしまう」という誘惑の解消方法について解説します。具体的な手法は以下です。

 

 

  •  自分が掲げた目標に対し、
  •  邪魔する原始的な自分にあだ名をつける

 

 

人間の脳は頭をフル回転させ「長期的な目標」を作ります。そして目標の期限から逆算して「今日やるべきこと」を落とし込んでいきます。しかしこれらの機能は何十万年も生きてきた人類にとって新しい機能であり、頭の根幹は原始時代から目先の快楽を欲する部分が大半を占めています。だからこそ

「3か月で10キロ痩せるために今日はケーキを我慢しよう」
などと言いながら
「その間にケーキを食べる」
いうアホな行動を

平気でやるわけです。

しかしここまで読んでいただいた皆さんは「原始的な自分が出てきた」と分かるはずです。この感覚をより明確にするための手法として

 

・原始的な自分が出たら、あだ名を付けろ

 

と言っている訳です。上の例で言えばダイエットをしようと意気込んでいるのにケーキを食べたくなったら「クソ老害」と呼んで貰って良いです。別にダイエットじゃなくても構いません。

要は原始的な自分が出たらそれをしっかりと認識することですからね。簡単な割に効果が非常に高いため、実践してくださいね!

 

 

③「意思が弱いのは自分のせいではない」
ネガティブな自分とおさらばする方法

誘惑と同じくらい最大の無駄である「ネガティブな考え」についても解説します。ここでいうネガティブとは

 

「どうしても嫌なことを思い出してしまう」

 

ということです。人は誰しも絶対に思い出したく無い嫌な体験が一つや二つは持っています。しかし、もう記憶から抹消したいくらいの嫌な経験がふと浮かんできて、一日中ネガティブな気持ちになったことがありますよね。この問題に対して、脳の仕組みを解説します。

本書では1985年に行われたアメリカ・トリニティ大学の「しろくま実験」を例に解説しています。しろくま実験では「これから5分間しろくまの事は絶対に考えないで下さい」と被験者にお願いしました。そしてこの5分間、被験者たちは全員

 

・しろくまの事が頭から離れられない

 

という結果になってしまいました。考えるなと言われて絶対に考えないぞと考えているのに、頭の中は「考えてはいけないことで頭がいっぱい」。なぜこうなるのでしょうか?それは、心理学でいう

 

・皮肉のリバウンド効果

 

という現象になります。人間の脳には「オペレータ」「モニタ」の2つの機能があり、それぞれ機能していますが「考えるな」と強く意識するとオペレータの機能がマヒして、モニタだけが機能してしまうからです。

・オペレータ
考えてはいけないこと「以外」のことを考える。
(しろくまのことを考えない)
→大きなエネルギーを使う
・モニタ
考えてはいけないことを考える。
(しろくまのことを考える)
→エネルギーを必要としない

被験者たちは「しろくまの事を考えるな」と強く言われたために、しろくまのことを考えないように頑張った結果、大きなエネルギーをオペレータ機能につぎ込みすぎてしまい、結果としてモニタ機能の「しろくまのことを考える」ことで頭がいっぱいになってしまいました。

これと同じ要領で、どうしても忘れたい嫌な経験が思い出されてしまう訳です。このネガティブ心理になる状態を解消する具体的な手法は以下です。

 

 

  •  思い出したくない、ということ自体を止める

 

 

思い出したくないと考えまくるから、脳の機能であるオペレータが疲労してマヒする訳です。そして人間が持っている根幹部分であるモニタ機能だらけになり、結果として頭の中が「思い出したくないこと」だらけになります。

今すぐ思い出したくないという考えに対して、コントロールをするのを止めましょう。そうすればネガティブな事で気を揉むという、どうでも良い無駄を丸ごと排除することができます。もし嫌な事を思い出したら

・脳の「オペレータを酷使」したんだ。
 じゃあ、オペレータを休ませる

と思えば大丈夫です。

 

 

「意思が弱いのは自分のせいではない」
実際の本

今まで紹介した内容は本の中の一部であり、実際にはすべての積みあげとして

 

「あなた2・0」に会う

 

という人間すべてを変えるような勢いの内容もあります。どれも私が紹介したような「脳の仕組み」「具体的な実践方法」を入れて解説してあります。

 

「スタンフォードの自分を変える教室」

最後に

この本を読む前、私は満員電車でなぜか

 

「こんな所で吐いたらどうしよう」

 

という不安が出てきて、吐かないように頑張っていたら本当に吐いてしまった経験があります。それ以降電車恐怖症になったことがありますが、本を読んで内容を腹落ちしてからは「電車で吐いたら・・」と考えるのを止めました。そしたら、いつの間にか電車で吐き気を覚えることなく、毎日を過ごすことができました!