「計画倒れはもうサヨナラしよう」倒れない計画術 解説

計画倒れはもうサヨナラしよう 倒れない計画術 解説 自己啓発 ブログ
本の名前:
倒れない計画術
~まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ~
著者:
メンタリストDaiGo様

ご紹介していきます by 新庄

【自己啓発大好き人間のブログ】

管理人新庄です。

 

今回は自己啓発本として、いつも計画がほったらかしになる癖を断ち切るための本

 

「倒れない計画術」

 

を紹介していきたいと思います。

 

 

仕事や勉強あるいはダイエットで、計画倒れになった経験はありませんか?あると思います。流行りのテクを真似てみるが全然結果が出たことがない。いつも途中で挫折してしまう。

そんな風に計画が倒れてしまうのは、別に“やる気”や“意志の力”が足りなかったからでは無いです。事前準備や段取り・計画術が科学的に正しい方法でなかったから、そして計画を実践し続ける心理テクニックを知らなかっただけです。なので知って実践すれば良いだけです。科学的に正しい最新の計画テクニック、心理テクニックを具体的に紹介している本書ではやる気や意思の力に頼らず計画通りに行動ができるようになるよう設計されています。

 

・仕事が終わらない
・時間とノルマに追われ、長期目標をどう立てたらいいのかわからん
・計画どおりに仕事を進めたいけれど、同僚が邪魔くさい

 

といったことを日常的に考えている皆さんにとって、しっかりと段取り力を上げる本を紹介していきます。

では、いきましょう!

 

「計画倒れはもうサヨナラしよう」倒れない計画術
段取り力向上の先には?

計画倒れはもうサヨナラしよう 倒れない計画術 解説 自己啓発 ブログ

計画倒れを防ぐための計画術本ではありますが、最終目的は段取りが上手くなる事ではなく

科学的に正しい段取りを学ぶことで無駄を無くして目標を達成し、本当に自分のしたいこと・人生の幸せ・自由を手に入れることができる

ってのを実現できるための手段に過ぎません。

自分が立てた予定が計画倒れし、自己嫌悪に陥る。そんな経験は誰しも少なからずあると思います。「計画したことは達成させたい」という一貫性を保とうとするため、自分が立てた計画がうまくいかないと自分との約束を破ったことになる。だから強烈に落ち込みます。

 

そして、こんな事しよう・あんな事をしようと年初に計画を立て、何もしないまま1年が過ぎていく。。

 

Daigoさんはそうした計画倒れのダメージを回避するため「段取り力」が不可欠だと力強く発言しています。段取りと聞くと「手間がかかる」「面倒くさい」といったマイナスのイメージを抱く人も多いかもしれません。

確かに計画を遂行するための事前準備は手間がかかりそうに思いますが、価値あるものを生み出すにはそれ相応の準備と段取りが不可欠です。段取りを劇的に改善できるのであれば、自分のやりたいことにたっぷりと時間を掛けることができますからね。

具体的なテクについては文言をなるべく柔らかくし、ポイントを解説していきますね!

 

 

「計画倒れはもうサヨナラしよう」倒れない計画術
ポイント3つ

本書では様々なテクがとりあげられていますが、重要なことは

・計画倒れになる最大の要因を知る
・計画に対する行動を機械化する

ことです。では、それをやるために即効性のある以下を実施いただけばと思います。

 

 

  • 計画錯誤に陥らないための準備
  • 行動を機械化する if-thenプランニング
  • チートデイを設ける

 

 

さっさとこれをやればよいです。これを実践している自分も、会社と副業とブログを両立できていますからね。

 

 

①「計画倒れはもうサヨナラしよう」倒れない計画術
計画錯誤に陥らないための準備

計画倒れはもうサヨナラしよう 倒れない計画術 解説 自己啓発 ブログ

倒れない計画術の一発目として重要なことをまずは解説しますね。自分の行動の記録を取り、自分の作業時間の物差しを作ります。普段の行動の物差しが作れれば、作業時間を正確に見積もることができます。

この題名にある「計画錯誤」とは心理学の用語となり

 

 

  •  何かに取り組むときに
  •  かかる時間や労力を
  •  軽めに見積もってしまう
  •  傾向がある

 

 

ということです。ちなみにノーベル賞受賞クラスでもこの罠に陥ってしまうレベルの罠です。

例えば、計画を立てるときAの作業はこれくらい・Bの作業はこれくらいと大まかなあたりをつけて段取りを組む。しかし、この見積が甘くなってしまい思ったより時間がかかって段取りがだんだんと崩れてしまいます。じゃあその落とし罠に落ちないためにどうすればよいのか、についてDaigoさんは「自分の物差しを持つことだ」といっている訳です。

 

具体的な作業としては、自分の作業にかかった時間や手間等を記録して下さい。

 

例えば、メールを読んで返信にかかる時間、プレゼンの資料にどれだけ時間がかかるか。そのうち記載なのか資料探しにかかった時間なのか、構成を作るのに掛かった時間なのか。ベンダー訪問の時間はどれくらいかかったのか、など。

一つ一つの作業を細かく分解して記録して下さい。こうすることによって

 

 

  •  ・何に
  •  ・どれだけの時間が

 

 

掛かったのかを正確に把握できるようになり、計画錯誤の落とし罠にハマらずにすみます。初めのうちはこの記録をするとけっこう面倒ですが、一度作ってしまえば「型」ができるので、スムーズに段取りが組めるようになります。

慣れれば自然と段取りが組めるようになる体質になり、計画自体が楽しくなってきますよ!

私はエクセルで管理していましたが、面倒であれば計画アプリでも入れてください。そこら中にこの類のアプリは落ちています。

 

 

②「計画倒れはもうサヨナラしよう」倒れない計画術
行動を機械化するif-thenプランニング

倒れない計画術にするためには、まずは自分が甘めに計画を見積もってしまうがためドツボにハマるので、その認識と対策をしましょうってことです。次はこのハマる部分をうまく対処するテクにいきますね。

「if-thenプランニング」という英語がいきなり出てきましたが、特に慌てることは無いです。このプランの意味は

 

 

  •  もしAが起きたら、行動Bをする

 

 

と作成してしまうことによって、行動のトリガーを設定しておく作業です。これはDaigoさんがニコ動やYoutubeの動画で何回か上げていましたが、100近くの学術研究にて効果が立証されているエビデンス付のテクになります。

例えば、風呂上がりに体幹トレをする・電車に乗ったらツイッターを開けるなど、プランを儲けてあらかじめリスト化しておきます。

こうすることで、意思の力とは関係なく自動的に行動に移すことができます。このテクは単に行動を機械化するだけでなく

 

・計画が崩れそうになった時にも

 

威力を発揮します。そのテクとは以下です。

①段取りが崩れそうな場面をイメージする
②もし①の状態になったらどうするかを考えておく
③ ②で決めたif-thenプランニングの形に落とし込む

例えば

①仕事が長引いて、ブログ作成の時間がとれない
②ブログ作成の時間が取れなかったら、次のネタだけを携帯にメモして寝る
③ブログ作成の時間が取れなかったら、翌日早起きしてブログにメモしたネタの見出しだけ書いて下書き保存する

となります。

ポイントは、行動をする際のトリガーを作るということです。こうすると習慣化がしやすくなるため、即効性が非常に高いです。

 

これは私がブログを書くときにも多用しています。

自分がブログ作成を始めたころは、ブログ作成自体の習慣が全く無かったので、けっこう行き当たりばったりで作業していました。全然計画通りに行かなかったので、まずはブログ作成を「習慣化」することから始めています。それによりバラバラな作業量が安定しだし、計画が立てやすくなりました。

このようにプランをあらかじめ複数作っていると、段取りが崩れそうなときのプランBやCとして機能して計画の前進が妨げられないので、非常に便利です!

 

 

③「計画倒れはもうサヨナラしよう」倒れない計画術
チートデイを設ける

計画倒れはもうサヨナラしよう 倒れない計画術 解説 自己啓発 ブログ

倒れない計画術というのは何が何でも倒れないようにするのではなく、倒れた時にいかにうまく軌道修正できるかということです。なのでガッチリした計画術と思われた方には残念ですが、うまくサボった方がなんだかんだ言って計画が倒れなくなります。そのテクとしてチートデイを設けることをDaigoさんは推奨しています。

チートデイとはあらかじめサボる日を設定しておくことです。Daigoさんは2週間に1日程度を推奨していますが、私は毎週水曜にしています。これは特に長期的なプロジェクトやダイエット等の維持に使えるテクニックです。

事前にサボる日としてチートデイを設け、この日はサボると決めておくこと。なぜこれが有効かというと、心理学でいう

 

 

  •  「どうにでもなれ」効果

 

 

を防止できるためです。人は段取りが崩れそうになるとモチベーションが落ちて計画はほったらかしで、もうどうにでもなれと投げ出したくなります。皆さんも計画自体を投げ出して落ち込んでいませんか?この投げ出しを防ぐテクニックになります。

私のようなサラリーマンは、ほぼこのチートデイを経験していると思います。というのも、月曜から働いて木曜当たりで息切れしたことありませんか?でも、あと二日やれば休日だ、がんばってやろう!となったことありませんか?これと似ています。これを「意図的」に作ろうということです。

本書では2週間に1日くらいがちょうど良いとありますが、私はもっと頻度が高くても良いかなと思います。そこは皆さんにお任せします。

 

長期的な予定を組む時には、ご自身の予定に是非このチートデイを組み込んでください。我慢しなくても良い日・サボっても良い日・遊んでもい良い日・余裕があったら休む日などがあってもいいじゃないですか。

「どうにでもなれ」を防ぐことのほうがよっぽど大切です!

 

 

「計画倒れはもうサヨナラしよう」倒れない計画術
実際の本

倒れない計画術として、記事としては緩めの内容を用いて「まずは倒れない」という部分を重点的に解説しています。本書では

・誰も知らないTODOリストの使い方
・最も効果的なゴールの設定方法MAC法則
・個人ではなくチームでの計画倒れを防ぐテクニック

といった高度なテクやそれを立証するエビデンス紹介もありますので、気になった方は、本を活用いただければと思います。

あくまで段取り力は人生を成功させるための手段です。段取り力を上げて、ご自身の人生をうまくコントロールしましょう!

 

倒れない計画術

最後に

Daigoさんのこの本は、ちょうどブログを書き始めた時に読んだのでタイムリーな時期でもあり非常に有益でした。

なぜならサラリーマンをしながらブログ作成をどう両立させるかが、自分の課題でしたからね。

本業のサラリーマンとしての無駄が大きく減り、内職中(本当はいけないが)のブログ作成時間の確保もきるようになり、アウトプット力の向上に時間を使えるようになりました!