アウトプット大全 「最強ハウツー本」樺沢紫苑 解説

最強ハウツー本 アウトプット大全 解説 自己啓発 ブログ
本の名前:
学びを結果に変える
アウトプット大全
著者:
樺沢 紫苑様

ご紹介していきます by 新庄

【自己啓発大好き人間のブログ】
管理人の新庄です。

今回は自己啓発本として

 

「アウトプット大全」

 

を紹介していきたいと思います。 

 

 

まず著者様のバケモンっぷりを真っ先に挙げていきます。この方は精神科医が本業になります。精神科医というとこの仕事だけで1日が終わってしまうような気がしますが、他の活動がハンパではありません。

 

 

  •  ・メルマガを毎日発行13年間
  •  ・FaceBook毎日更新8年間
  •  ・Youtube毎日更新5年間
  •  ・本執筆を毎日3時間
  •  ・講演会を毎月2回
  •  ・読書を毎月20冊
  •  ・映画を月10本観る
  •  ・平日ほぼジム通い

 

 

ガチバケモンのアウトプッター様です。なぜこんなバケモンで生きていられるか、解説しています。では、いきましょう!

 

 

アウトプットの大原則

最強ハウツー本 アウトプット大全 解説 自己啓発 ブログ 冒頭

アウトプット以上に、まずここだけはページを閉じる前に最低限覚えて帰って下さい。インプットとアウトプットの実行動としては以下になります。

アウトプット:書く、動く、伝える
インプット:聞く、見る

これを最適にするアウトプットとインプットの割合についてファイナルアンサーを出しています。その割合は

 

アウトプット:7割
インプット:3割

 

になります。アウトプットの仕組みについて脳科学に基づいて詳細を本で紹介していますが、超凝縮して記載しますね。

・インプットすると脳に記憶が入る
・ただし、引き出す回路は少ししかできない
・アウトプットをすると引き出す回路が鍛えられる
・結果として頭に定着する

このサイクルをするから、インプットした内容がしっかりと自分のものになります。そしてアウトプットの引き出しとインプットの記憶をどの割合でこなすべきかというと7:3になります。アウトプットの割合が多すぎないか?と思ってらっしゃるかもしれません。なぜそう思う方が多いのかについても、樺沢さんは指摘しています。

 

日本は学校生活において

「インプット9割」
「アウトプット1割」

くらいの授業を受けまくっていたために、インプット偏重の考えが刷り込まれてしまっており、アウトプット割合が低すぎるということです。こんなインプット偏重では成長が見込めない、とクギを刺しています。

 

 

アウトプット大全
ポイント2つ

アウトプットの少なさについて、我々大多数の日本人にとって薄々は感づいていただけど、痛いところを突かれてしまいました。ぶっちゃけアウトプットはほとんど求められていませんでしたからね。学校では覚えたことを解答用紙にプロットすりゃよかった訳です。社会に出てからも、決まったお題の仕事に対して答えていただけですからね。

実際にアウトプット型の人間に移行するのは意識して取り組む必要があるので、この本では具体的に実行すべき7つの行動とそのメリットを紹介しています。当然ながらインプット3割に対してアウトプット7割ですので、日常で思ったことを書き出しまくって下さい。

 

 

  •  日記を書く
  •  健康について記録する
  •  読書感想を書く
  •  情報発信をする
  •  SNSをする
  •  ブログをやる
  •  趣味を書く

 

 

これら7つの中から「日記を書く」「情報発信をする」について、特にメリット部分も交えて記載していきます。

 

 

①アウトプットでやること
日記を書く

最強ハウツー本 アウトプット大全 解説 自己啓発 ブログ

アウトプットをする詳細テクとして、別に日記の細かいフォーマットを説明したい訳ではありません。日記の詳細の書き方を紹介する訳でもないです。要は日常の出来事を何でもよいので

 

書き出す

 

ことを意識して実践しまくって下さい。当然ながらアウトプット7割なので、尋常じゃないくらいの書き出し量になります。このブログを見ている最中でも、スマホのメモを取り出して

・ガチのアウトプットモンスターがいる
・新庄のブログがクソつまらん
・もう会社行きたくねえ

などと、手が動きまくっているくらいの勢いで書き込みを実施してください。別にツール等買わなくて良いですからね、スマホのメモ機能で十分です。仕事でも家でもどこでも実施してください。

別に他人に見せるわけでもないので体裁なんかお構いなしでOKです。インプットした内容から要点をピックアップして箇条書きにしても良いし、意味不明過ぎたら消せばいいだけです。7つの行動に対して一番

 

習慣化しやすい

 

というメリットがあるので、今日からでも実践すべきことです。

 

 

②アウトプットでやること
世の中に発信する

最強ハウツー本 アウトプット大全 解説 自己啓発 ブログ

アウトプットするのは別にブログでもYouTubeでも何でも良いのですが、書き出した内容を世の中に発信してください。ぶっちゃけどんなプラットフォームでも構いません。①で書き出したメモをちょっとだけ成形して発信してもOKです。書き出すこととの決定的な違いは

 

フィードバックが受けられる

 

という特大メリットを享受できる点です。

書き出した内容を家族に話す?会社でプレゼンする?こんな閉じた世界のアウトプットでは、母数が少なすぎて新鮮な切り口のフィードバックが受けられないです。ぜひ不特定多数に発信を行ってください。

アウトプットして得られるフィードバック情報の質はハンパでは無いです。自分とは境遇も価値観も違う相手に対して発信し、新しいフィードバックを貰うからこそ自分が大きく成長します。もちろん、閲覧数がゼロだったり相手が無反応なこともありますが、それはそれでフィードバックになります。逆に家族や会社では何らかの返事は来ますが、ただの返事でありフィードバックでもないので参考にはならないです。

 

 

アウトプット大全
実際の本

アウトプットするなんて当たり前だろ!と思われるかもしれませんが、じゃあ実際にアウトプット7割実施しているのか、と言われればしていないわけです。

この本はインプットも無くアウトプットだけ実行しろと言っている訳ではありません。インプットした内容を本当に定着化するためには、アウトプットが7割くらい必要であることを再認識させるためのテクとメリットを紹介した本になります。

 

「アウトプット大全」

最後に

いかに我々が日ごろからアウトプットしていないかを痛感させられる本です。日本人が英語ができないのも、文法の違いではなアウトプットが少なすぎる勉強方法から来ていますしね。

もうスマホのメモ帳がぱんぱんになるくらいに、メーラーの予定表やタスク欄に書きまくるくらいの勢いでいきましょう!じゃないと、樺沢さんにどんどん置いて行かれてしまいますよ??