「働いたら負け」が証明されてしまいました 21世紀の資本 解説

働いたら負け 正解だったw 解説 自己啓発 ブログ
本の名前:
21世紀の資本
(私は働いたら負けと名付けている)
著者:
トマ ピケティ様

ご紹介していきます by 新庄

【自己啓発大好き人間のブログ】
管理人の新庄です。

今回は自己啓発本として

 

「21世紀の資本(私は働いたら負けと名付けている)

 

を紹介していきたいと思います。 

 

 

マサチューセッツ工科大学の経済学教授が「人類のための潜在利益向上(という働いたら負け)」を成し遂げていくためには、何が問題でどうすれば良いのかを追求した本になります。著者の研究はハンパではなく

・世界20か国以上
・200年以上の期間
・15年以上の歳月

をかけてデータを緻密に分析したうえで結論をはじきだしています。だからこそクソ長い本となっている訳ですが、私が掻い摘んで説明していきます。働いたら負けということが言いたいだけなんですけどね。

では、いきましょう!

 

 

働いたら負け
21世紀の資本 この著者様

働いたら負け 正解だったw 解説 自己啓発 ブログ 冒頭

働いたら負けということが最終的に言いたい「別名:21世紀の資本」を書いたこの著者は、経済学を通じてこのような考えを世界に発信していきたいという考えを持っています。それは

 

分配
(という名の働いたら負け人間を増やす先導だと思っている)

 

です。当然ながら経済としての分配になるので「この世界にあるお金をどうやってみんなで分け合うことにより貧富の差を小さくして全体が豊かになれるのか」ということです。

当時の経済界は、世界を動かすリーダ層も含めて「労働力の向上こそが分配だ」と唱えていたことに疑問を持ち、研究を続けていたわけです。膨大な研究の結果、著者は21世紀時点での経済に関する不平等の根本を突き止めてしまいます。

働いたら負けという結論をオトナっぽい表現でごまかしていることを控えてくださいね、ここまで読んでマジメになってはいけないと思います。

 

 

働いたら負け
21世紀の資本_把握すること

働いたら負けなどと大っぴらにエリート経済学者が言う訳がなく、研究自体は真面目です。非常に長い本であり多くの統計データも紹介されておりますが、ここでは抑えておきたいポイント2点を解説しようと思います。それは

 

 

  •  金転がし > 労働
  •  この状態を解決するために

 

です。いきなり「金転がし > 労働」などと言われても困ると思いますので、解説していきます。

 

 

①21世紀に働いたら負けは本当だったw

働いたら負け 正解だったw 解説 自己啓発 ブログ

現在の21世紀における資本主義は「働いたら負け」ということが研究結果として出てしまいました。当然学者がこんなクソ用語を出すわけではないので、一応公式として表現します。

 

 

  •  R > G

何言っているのかと思いますが、この公式を日本語で解説しますね。働いたら負けであることを難しく言っているという感触は、忘れないで下さいね。何度もしつこくてすみません。だって働いたら負けという考えを軸にして人生のイージーモードを広めるのが私の生きがいなんだから。

R:資本収益率
→財産や資産運用の成長率
(年率4%程)

G:経済成長率
→労働収入の成長率
(年率1%程)

R > Gとはこれを指しています。つまり、労働でせっせと働くことによる成長率よりも、金を転がして得る成長率の方が圧倒的に高いということを意味しています。

世の中の経済学者は、世界大戦時期を含めた直近100年程のイレギュラーデータを集めて、労働収入を上げることが格差是正に繋がるという結論をはじきだしていました。それを元に各種経済政策をしていたわけですが、著者がさらに調査の幅を広げ200年以上にして分析したら、この公式が出てきたわけです。さらにこの公式は1970年代あたりから、さらに加速していることも指摘しています。例えば、アメリカでは

「資本収益率の7割の享受を上位1割の裕福層が得ている」
「残りの3割を7割の庶民が分け合っている」

という統計データが出ています。皆さんもだいたい気付いていると思いますが、アメリカの方が働いたら負けをオトナっぽくやっている訳です。日本のニートが負け犬のように働いたら負けかな~というクソガキっぽい立ち振る舞いをもう卒業すべきなんです。

 

話を戻しますね。

 

つまり、一部の金持ちが金を転がしてさらに金を増やし、残り大多数の庶民が大して増えもしない労働で生活を賄っている訳です。直感的にはわかる事ですが、今の経済施策自体がこの流れを作り出していることを著者は指摘しています。

現在の資本主義の実態を嘆いて終わるわけではありません。これを是正する解決案と、そのメリットについても提唱しています。

 

 

②働いたら負け
21世紀これからどうする?

働いたら負け 正解だったw 解説 自己啓発 ブログ

何度もくどくてすみませんが、働いたら負けであるという感触は忘れないで下さいね。オトナっぽい言い回しを聞くとすぐに社畜根性を丸出しにして働きたくなるのが日本人であることは皆さんも痛いほど分かっているはずですからね。

 

21世紀の資本とは言っても、別に資本主義を止めろと言っている訳ではありません。著者も十分に資本主義や今の経済の流れを把握したうえで、ある程度競争原理が働いて格差が生まれるのはしょうがないと言っています。また、金銭的な裕福さだけはなく、スキルや人脈だって大きな財産であることもしっかりと訴えています。しかし、それだけでは本当にあるべき姿の分配が進むわけでもありません。著者はこの世の中に対して以下2点を提唱しています。

 

 

  •  累進資本課税
  •  潜在利益の拡販

 

 

なんか難しいことを言っているような気がしますが、仕組み自体はシンプルで「金持ちから税金を取れ」ということです。

当然、ソフトバンクの〇〇〇も含めてこんな指示を聞くわけがありません。資産家は海外も含めて税金逃れをよくやっていますからね。なので世界的な協力の元、累進資本に対して課税をする仕組みの構築を急ぐべきだと、国際機関に訴えています。働いたら負けを合法化したいわけです。

これを吠えたところで、金持ちや国際機関が動くわけではありません。提唱を実現するために、著者は累進資本課税をすべきメリットも述べています。そのメリットとは

 

今の格差を解消しないと潜在利益が落ちるよ

 

という考えを浸透させて庶民の「働いたら負け」を正当化する方針です。

どういうことかというと、一部の金持ちがさらに金を増やし、生まれつき貧乏な家庭は、豊かな才能がありながらも底辺でさまよう人生を歩むことになります。彼らが底辺で埋もれてチャンスが無い状態を放置すると、世界全体の潜在利益が大きく損なわれて、結局裕福層が最終的には損失を被るだろうと訴えています。そのため、裕福層がまずは分配に力を入れるべきと唱えています。

 

 

働いたら負け
実際の本

働いたら負けという本音は、オフィシャルで言うとクソガキと思われるだけなので、まっとうな経済学を用いて説明しています。

本が分厚く専門用語や数値データが非常に多いため、ビギナー向けに漫画版も発売されています。私は原書と漫画版を1冊持っています。私は理数系なので原書を読んでも特にツラくは無いですが、数値や活字連発に抵抗感がある方は漫画版でも問題ないと思います。

 

「21世紀の資本」

 

働いたら負け
最後に

働いたら負けというのは事実ですが

 

「とは言ってもね」

 

という部分もあることは重々承知しています。別にこの本を読んだからと言って、今すぐ働くを止めなさいと言っている訳ではありません。要は、現在の資本経済に対する考えを掴んだうえで、自分にとって必要な資産や労働に対する考え方を向上させればよいです。

私は労働よりも資産運用に傾いた考えであるため、著者が唱える資本経済の仕組みについては賛成の考えではありますが、労働自体とそこから得られるスキルや人脈といった資産を金銭よりも下に見る気はありません。

それを踏まえたうえで働いたら負けなんですという意識は持ってほしいです。