転職と副業のかけ算 解説-年収1000万は十分実現可能です

会社は副業の材料 転職と副業のかけ算 解説 自己啓発
本の名前:
転職と副業のかけ算
~次世代サラリーマンのモデルケース~
著者:
moto様

ご紹介していきます by 新庄

今回は、自己啓発本として

 

「転職と副業のかけ算」

 

を紹介していきたいと思います。 

 

 

私は以下の自己紹介記事でも記載していますが

副業で1千万以上お金を稼いでいるが会社を辞めることは無いです
【自己啓発大好き人間のブログ】管理人の新庄です。 私は副業で年間一千万円以上のお金を稼いでおりプチ引退に突入していますが、会社を辞める気はありません。最近は在宅で外に出ることもほとんど無いので、副業がどう…
・IT系のサラリーマン
・会社は極限までサボる
・年収2~3千万円
・でも会社員を辞めない

という生活です。motoさんについては

・短大卒
・年収240万会社員スタート
・会社と副業併せて年収5000万
・でも会社を辞めない

同じような生き方をしていますが、motoさんの方が実績が上なので、私のような生活が良ければこの方の本も見ておいた方が良いかもしれません。motoさんと大いに共感する点は

 

・会社員は副業の材料

 

と考えていることです。令和の時代は会社員として生きていくうえで、この考え方がスタンダードになると思っています。では、いきましょう!

 

 

転職と副業のかけ算
motoさんについて

転職と副業のかけ算を書いた著者のmotoさんについて、一応経歴を記載しておきます。

経歴
・短大卒
・長野でレジ打ちスタート
・ベンチャー含めて転職複数回
・広告業界ベンチャーの部長
現時点で
・本業で年収1000万
・副業で年収4000万

となっているそうです。

 

普通は短大卒で地方でレジ打ちしていたら普通にそのまま流されて年収4~500万くらいで終わりそうな気がしますが、この方は殻を打ち破って成功したわけです。

これを他人事だとは思わないでいただきたいです。これからは誰もがこのような生き方ができると確信していますし、日本社会のサラリーマン全員がこの生活を当然とすべきだと思います。もう昭和や平成の価値観にとらわれて、下を向いて生きるのはやめよう。そのための「転職と副業のかけ算」です。

 

 

転職と副業のかけ算
ポイント2つ

転職と副業のかけ算の本書では、転職に関する考え方と副業を続ける会社員の方に向けて、以下のポイントを2つ紹介しています。年収1000万は本業だけだと職種がどうしても限られてしまうのですが、副業をかけ合わせれば十分実現可能だと思います。

年収1000万円台という金額には拘っていませんが、会社員におけるキャリア対価としての年収、本業と副業の組み合わせを充実させていく内容です。

 

 

  •  軸ずらし転職
  •  副業⇔本業の好循環

 

この考えを維持しているからこそ、転職と副業が「かけ算」になると解説しています。では、中身にはいっていきますね。

 

①転職と副業のかけ算
軸ずらしの転職

転職と副業のかけ算という内容の本ではありますが、まずは本業のお話しをします。実は多くの方が内心感づいていると思いますが、年収は個人能力ではなくて、大体以下で決まってしまいます。

・業種
・職種

例えば私のようなITコンサル系であれば、よほど斜陽化した業種でなければ30代の会社員で年収600~1500万くらいは普通にもらえてしまう訳です。低いのであれば、コンサルという名前がついだたけで単調作業をしている可能性が非常に高いです。年収1000万円は役員くらいにならないと厳しいのではないか、と思います。

実際にIT系に入るとバカばっかですけどね。特に50代前半の老害はクズだらけです。

 

逆に、いくらIT系(あるかは不明)とは言っても介護業界では年収3~4百万くらいだと思います。なぜなら介護業界のパイは40歳以上で加入義務となる介護保険料という小さな金で動いているからです。いくら介護業界の需要が今後「来る」と思っていても、直近であれば介護保険料を上げないとパイは増えないし、どうせ国民一丸として保険料値上げに反対するでしょう。他の革新的なパイが増えない限り、頑張っても給料が上がらない構造です。悲しいですね。

 

この仕組みを逆算すると、本の解説にもありますが、転職のコツとしては以下になると言っています。

 

・職種は同じで業種を変える

 

例えば、IT職種のまま小売りから製造業に変えるとかですかね。この場合は自分のスキルを維持したままパイが大きな業種に行くので、年収が上がります。この逆を言えば、以下のような転職はリスキーになります。

 

・業種も職種も変えない
→苦労の割に年収が上がらない、むしろ若干下がる

・業種も職種も変える
→畑違いすぎて今までの蓄積が活きない

 

年収1000万とか転職・副業とかではなくて「今の業種や職種が飽きすぎてセカンドキャリアを積みたい」のであれば、がらりと変えても良いかもしれません。しかし、年収大幅ダウンと今までの蓄積が活きずに悶々と修行に励む生活は数年覚悟されたほうが良いと思います。この記事は転職本ではないのでこのくらいにしますが、ぜひ効率の良い転職を意識するなら、この

 

「軸ずらし」

 

の考え方を控えてください。年収1000万くらいを現実的に到達したいのであれば、なおさら意識する必要があると思います。

 

 

②転職と副業のかけ算
副業で稼いでいるのに会社を辞めない理由

転職と副業のかけ算として、私が大いに共感して力説したいのは、この②になります。

 

・副業で稼いでいても会社員は続ける方が良い

 

私は「会社が副業」などと極論を言っていますけどね。motoさんは副業だけで年収4000万円なので、もう会社をやめてもまったく困らないはずです。にも拘わらず会社員を辞める気は無いと公言しています。この理由ですが、motoさんは副業の情報発信として必要なことは

 

・有益な情報を提供できるか

 

であって、日本で6000万人以上もいる会社員への悩みやソリューションを提供するためには

 

・自分も会社員の身分で生の情報を得るべき

 

という考えから来ています。私もまったく同じ考えであり、別に会社員を辞めても生活に困らないけど、会社員を続けています。もし社畜の経験が無ければ、会社の不合理さ・理不尽さ・クソ老害がはびこる理由などは理解できないと思います。

私のブログの大半が10代~30代の方の閲覧数が圧倒的に多いので、もし会社員を経験しないでいきなり個人事業主やブロガーで稼ごうと思っている方は「会社員をやってみる」ことをお勧めします。マジでやってみるといいです、色々分かるんで。。。

 

 

転職と副業のかけ算
実際の本

「転職と副業のかけ算」「年収1000万円は可能」などと、うさん臭いと思われる方もいるかもしれませんが、転職やこれからの会社員の生き方として、会社員であるからこそ常に情報を仕入れておいた方が良いです。

 

最後に

私は、現在の日本社会において年収1000万円が夢のような存在となっていることについて、大きな疑問があります。

この国は安請負の仕事が多すぎる。このままだと優秀な人が海外に取られてしまうし、仕事をするなら対価を貰うことと、それを実現できる対価のアピールは忘れないようにしないといけないと思っています。