オワコン日本の生き方 ひろゆき本「このままだと、日本に未来はないよね。」

オワコン 日本 ひろゆき 本 自己啓発 ブログ ビジネス このままだと、日本に未来はないよね。
本の名前:
このままだと、日本に未来はないよね。
著者:
ひろゆき(西村博之) 様

ご紹介していきます by 新庄

【自己啓発大好き人間のブログ】
管理人の新庄です。

今回は2chとニコニコ動画の創始者である、ひろゆき(西村博之)様の

 

「このままだと、日本に未来はないよね。」

 

を紹介します。

 

 

  •  オワコン日本オワコン日本!

 

 

日本で生活していれば誰でも思っているこの言葉。私もプロフィールを含めて散々「オワコン日本」を連呼している訳ですが、皆さんも同じように、オワコン日本を実感していると思います。

 

そんな中、オワコンになって久しい日本において冷静に日本の状況を見つめて、今後の生き方や価値観だけでなく、今後の予測について、ひろゆきさんの本では本質をついた見解がなされています。

 

よって本書は、オワコン日本というクソ単語を連呼して終わるのではなく、

 

 

  • ・ オワコン日本におけるお金と幸せ
  • ・ オワコン日本における他人比較
  • ・ これからのオワコン日本で重要な考え

 

 

をしっかりと腹落ちして自分で活用したい方にとって、絶対に活用すべき本であることは間違いなしです。内容を掻い摘んで解説していきます。では、いきましょう!

冒頭からオワコン日本オワコン日本と連呼しまくってすみませんね。

 

 

オワコン日本の生き方 ひろゆき本-このままだと日本に未来はないよね 概要

オワコン 日本 ひろゆき 本 自己啓発 ブログ ビジネス このままだと、日本に未来はないよね。

本書だけではなく私は過去の記事にも『生き方の本質』に関連する有益な情報が得られる記事をあげてきました。

 

どれもベストセラー級の本を扱っています。

 

一通り流し読みいただくだけで何万円もする情報がタダで得られますのでかなりお得だと思います。これらの記事を吟味して私のような【中規模成功者】を効率よく目指しましょう。

 

ひろゆきさんは、オワコン日本を再生させようという発言は一切していません。

 

冒頭でひろゆきさんは「日本の経済は成長が止まっている上に消費税増税などで悪くなる以外の方向性が見えない。だから日本に明るい未来は来ないよね」と言っています。日本全体はどんどん沈んでいく。しかしこれは日本全体の話であって、そんな中でも個人一人一人はいくらでも幸せに生きられるという考えです。つまり、

 

『オワコン日本に適用する生き方』

 

について、考えを述べています。

この記事を最後まで見ていただく頃には「新しい本当の生き方」について、おおよそ納得いただけると思います。

 

 

オワコン日本の生き方 ひろゆき本-このままだと日本に未来はないよね ポイント2つ

オワコン日本に関連して、ひろゆきさんはよくyoutubeや本などで「●●する奴はバカ」というタイトルで世の中を批判するためにアンチが多いわけですが、話の内容自体は本質をついているので、アンチよりもフォロワーの方が多いです。

 

私は有名人ではありませんが、以下ツイートのように、根本的な内容やそもそも論について考えるのが好きなタイプなので、ひろゆきさんをフォローする人間です。

さすがに本の内容では、「●●する奴はバカだよね」という煽りだらけで終わるようなことはありませんので、安心してもらって大丈夫です。ひろゆきさんアンチの方も安心して本を読めるように、私があらかじめ本書を読んでまとめておきました。本書で語られてる重要なことを2つに要約しますね。

 

 

  • ・金と幸せを切り離し他人と比較しない
  • ・未来予測の精度を上げる

 

 

実際に本を読んでみると分かると思いますが「世界や日本をとりまく価値観は、常に変わっているんだ」という気付きが、たくさんあると思います。

 

 

①オワコン日本の生き方 ひろゆき本 金と幸せを切り離し他人と比較しない

オワコン 日本 ひろゆき 本 自己啓発 ブログ ビジネス このままだと、日本に未来はないよね。

オワコン日本に適用する生き方として、この本でひろゆきさんは「お金と幸せ」「他人との比較」について述べています、説明しておきますね。

 

まず「お金と幸せ」からいきますね。



冒頭で言った通り、これからどんどん日本経済は悪くなって行きお金を稼ぐことが難しくなっていきます。そりゃそうですよね、老害が考えて派遣が働くというクソ社会なんで。基本的に少しずつ貧乏化するといった状態になっていくんですね。

そんな状態ではいかに「お金と幸せを切り離せるかどうか」がポイントになってくるんです。金銭を消費することに対して幸せを感じるのではなくて、金銭のやりとりと関係のない所で幸せになれる人の方が人生は楽なんです。

 

そもそもお金さえあれば幸せだというのは幻想であって、お金と幸せに特段関連は無いです。

 

ノーベル経済学賞を受賞した心理学者ダニエル・カーネマンの研究によれば、年収800万(レートの上下もあるので、700~900万と紹介されることも多い)までは幸せと収入が比例するそうです。

これは食べ物など最低限の衣食住が満たされないと生存に対して幸せを感じることができません。でも年収が800万あたりを超えると幸福度と収入はあまり比例しなくなってくるんですね。こう言うと年収800万なんて一部の人だろうという人がいますよね。しかしひろゆきさんは、

 

『それぞれの国の経済状態や文化によってこの幸せと収入が関係なくなる分岐点は違うんだ』

 

とおっしゃるんです。日本は物価も安いし安全であるので、おそらく400万ぐらいから変わらなくなるんだと言うんです。我々は幸せになるのにお金が必要だと考えていますが、実際には言うほどでも無いです。つまり

 

 

  •  金銭を消費しなければ
  •  幸福ではないという考えは幻想

 

 

ってことです。

基本的にお金と幸せは無関係です。でもそんな幻想にとらわれてしまうと、実際これから経済が停滞してお金が使えない状況になっていくので徐々に不幸になってしまうわけです。

しかし、別にお金を使わなくても幸せを感じられる趣味や手段を持っている場合は、経済が停滞してもそこまで影響は受けないわけですね。

 

 

  • ・ 自然の中でランニングをする
  • ・ 釣りをする
  • ・ 友達と近所の公園で遊ぶ

 

 

ということが好きなんだという人は、別にそんなにお金が必要にないわけですよ。でも

 

 

  • ・ キャバクラに入ったり
  • ・ ブランド品を買ったり
  • ・ 他人の給料と比較して優越感に浸る

 

 

という価値観がある人は、お金がないと幸せになれません。ここまでが「お金と幸せ」です。

次に「他人との比較」にいきますね。


そもそも幸せというのは絶対的なものではなく相対的なものなので、収入や職業などで幸せは決まることは無いです。貧乏な人を見て相対的には幸福を得られるかもしれませんが、逆に上を見ると不幸だらけになります。

だから自分より稼いでいるとかそういった上を見て比較してしまう。性格や考え方は人生にとって無駄で害悪です。上を見る癖のある人はやめた方が良いでしょう。人は無意味な比較で一喜一憂しているわけですが、何かと比べて自分が不幸であると思うことに意味はありません、むしろマイナスです。

なので比較をしないで済むような生きがいがあれば、人生で楽しい時間は長くなるんですね。この本で刺さる台詞ですが

 

 

  •  どんなに恵まれた人でも
  •  自分が不幸だと思えば不幸になれるので
  •  幸せか否かは
  •  毎日楽しく生きていると
  •  思っているかどうかという
  •  気の持ちようである

 

 

という事です。

どんなに恵まれた人でも「自分が不幸だと思えば不幸だ」という感触は、ある意味で我々を救ってくれるわけですよ。例えばどんなにお金を稼ごうと絶対に上には上がいるわけです。年収1億円あれば満足すると思いますが違うんです。

 

 

  • ・ 次は年収5億の奴が気に入らない
  • ・ 5億になれば10億の奴が気に入らない

 

 

つまり、他人と比較して幸せを感じる人というのは絶対に自分より上の人が常に存在しているので、その人と比較してしまえば誰でも不幸になれてしまいます。他人と比較している時点で幸せはやってこないことを認めてしまって、早めに人と比較して幸福を感じるという生き方から脱却した方が良いですね。

 

実際のところ、他人とずれていた方が幸せになれる確率というのは上がるんです。

 

例えばビジネスに関して言うなら「周りがこれうまくいくよねって思ってるものは、既に誰かが出していたり出そうとする会社があったりする」ので競争状態になりがちですよね。逆に誰も眼をつけてもいない領域は、競争相手がいないまま伸びる可能性があるんです。

ビジネス以外でも的が広い方が他人とずれていた方が人生は幸福になれます。趣味や嗜好は他人と異なった方が幸福になれます。周りと同じ嗜好を持つとライバルだらけで不毛な競争にさらされるので、幸福になれる確率が少なくなってしまうんですね。

 

 

②オワコン日本の生き方 ひろゆき本 未来予測の精度を上げる

オワコン 日本 ひろゆき 本 自己啓発 ブログ ビジネス このままだと、日本に未来はないよね。

オワコン日本に適用する生き方として、先ほどの内容でひろゆきさんは「お金と幸せを切り離し他人と比較しないというマインドセットの切り替え」を語っていました。

次は「頭を使って未来予測の精度を上げる」方法です。

 

ひろゆきさんは、この未来予測の精度を上げるというのは右肩下がりのオワコン日本でうまく生き抜くための一つだと言うんですね。

こう言うと未来を予測するなんて天気予報みたいなもので当たるわけがないから考えるだけ無駄だと思う方がいるかもしれませんが、実は商品やサービスのヒット予測や新しいテクノロジーの普及予測にはコツがあって、それを押さえるとかなり予測の精度が上がると言うんですね。

では具体的にどうすれば良いのか、次の二つの方法があります。

 

 

  •  1)経済合理性にかなったものは普及する
  •  2)思考パターンの違う人をフォローする

 

 

順に解説していきます。

 

1)経済合理性にかなったものは普及する


ひろゆきさんは、スマホでも空飛ぶ自動車でもいいが新しいビジネスやサービスがこれから普及するかどうかを予測するときに、まずは

 

『経済合理性を考える』

 

と言うんですね。経済合理性にかなっているものは基本的に時間の問題で成立するからです。経済合理性にかなっていて成立しないものってあまりないんです。例えば、体に銀行のような資産情報をチップで埋め込んでしまうテクノロジーは、どんどん安価になるし部品もコンパクトになるので、いずれ普及するでしょう。

 

だからこういうものはニーズもあって経済合理的でもあるわけだから普及する。

 

過去の例でいくと、固定電話とスマホではどちらが普及するかというのは経済合理性を考えればわかります。固定電話というのは固定ですから特定の場所にいないと電話がかけられないわけですよね。だから急な仕事などの緊急時の対応に弱い。ビジネスというのはチャンスは一瞬で目の前を通り過ぎるので固定電話は向いていません。

逆にスマホならどこでも電話やチャットがかけられてビジネス上のチャンスを掴み取れるわけです。だからスマホの方が経済合理性があるゆえにスマホの方が普及するとわかるわけです。だから「新しいサービスや技術が現れたら今までの物に比べてこれには経済合理性があるかと考えれば」普及するかどうかが分かるんですね。

 

2)思考パターンの違う人をフォローする


我々は情報をもとに未来を予測しますよね。だから当然、未来の予測精度を上げたければ情報は多ければ多いほど良いのです。しかし、何でもかんでも仕入れれば良いってわけでも無いことは皆さんもご存じなので、情報収集のスキルを上げようと思った時には

 

『思考パターンの違う人をフォローする』

 

ということを意識する必要があります。ひろゆきさんが情報収集をするときに意識しているのは「あえて自分と全く違う考え方の人の意見を見るようにする」ということだそうです。

ある一つのテーマに関して自分と全く違う結論を出す人を見て「あーこういう形式で考えるんだ」という発見があるんです。人間には自分は正しいと思った情報を積極的に集めて逆に反対意見はスルーしてしまうという確証バイアスという本能があるんです。

これを避けるためにも『あえて』自分と全く考え方の違う人の意見を取り入れることで、バイアスの影響を逃れ客観的に正しい意見が持てる確率が上がるわけですね。自分と同じ意見の人ばかりフォローしていても発見がないんです。ぜひ SNS で自分と対立する意見を持つ人をフォローしてみましょう。

 

 

オワコン日本の生き方 ひろゆき本-このままだと日本に未来はないよね 実際の本

オワコン日本について適用する考えを持つひろゆきさんの意見には、賛否両論あるとは思います。でも、ジャパンアズナンバーワン時代と同じことをしてもさらに停滞が加速するではないでしょうか?

この本のキャッチからは「AIより頭の悪い人は貧乏になる」「キモくて金のないおっさん問題」といった炎上しそうなものがありますが、中身は真っ当なことを言っています。

「炎上キャラがおだやかな論調で語っている本」を読みたいと思っている方にとっても、最適な自己啓発書です。

 

「このままだと、日本に未来はないよね。」

最後に

私が幼い頃から思っていた

 

『イージーモード人生を送りたい』

 

という考えは、よく教師や親から反対されてきました。

でも最近は私の考えが市民権を得てきたように思えます。有名人やインフルエンサーも大々的に発言するようになってきたわけですからね。猛烈に努力しなくてもいいじゃん。イージー化の考えを初めから持っていた方がむしろ成功するんだから。